FC2ブログ

丹波の空に紙飛行機

80歳を期に紙飛行機を中心だったがゼンタングルにも取り組むことにしました。しかし、だんだん運動神経や体が自分の意志に抵抗するようになりました。今日までの活動を引退することが余儀なくなりアップすることが少なくなるので、今日から(H29・10・15)脳の活性化のために気の趣くままに書くとにしました。今日までを感謝しつつ今後も宜しくお願い致します。

身体のメンテナンス

12月28日(土) 晴れ

今年最後のアップになりそうだ。

今日まで身体のメンテナンスに
エネルギーを取られてしまった。

まずは月一回の内科医院に

次に3ヵ月に1回の歯科検診

次いで
目がうまく働いてくれないので眼科に行くと
白内障で1月に手術することになり
別の日にそのための事前説明と検査

それに
腰痛達に静かにしてもらうために
接骨院に、

加えて、神経ブロック注射専門のクリニック行くことになった。
このクリニックは、隣の市にありバス、電車、タクシー(帰りはその逆)と乗り継いで
治療時間を込めて5時間がかりで週一で通院3回
その間に地元の病院でMRIの撮影があった。
でも、結果腰痛達はおとなしくなってくれたが帰宅後はダウン。

で日が過ぎてしまった。


さて、午前中は好天気で
腰痛達もおとなしくなってくれ
「ミトコンドリア」が活動的になりエネルギーを供給してくれたので
菜園に出かけ野菜達と出会ってきた。

玉ねぎ達には草を引き籾殻を遅まきながら布団代わりにと
施してきた。
DSC_0955 (003)
DSC_0956 (006)

ニンジン達は間引きをしなかったところが窮屈そうで
そのままではもう育つ余地がないようなので間引きをした。
DSC_0958 (003)
少し太目のを試食してみると甘くておいしかったので
もって帰って食する事にした。
DSC_0957 (003)
昼食に提供すると家族たちが
「おいしい。甘みがある。」
と好評だった。

チンゲンサイ達やこだま蕪達もよく育ってくれていたので
収穫させてまらった。
チンゲンサイ達
DSC_0959 (003)
こだま蕪達
DSC_0961 (004)
どれも美味しく食させてもらおう。

大根達の間引きが出来なかったが
正月のお雑煮用には適した大きさなので
明日に収穫させてもらおう。

気になっていた更新が出来て
少しはストレスから解放されて新年が迎えられそうだ。


雑感

今日の日々の変化と言うか進化の速度は
加速され面白いし今後どうなるのかと「ワクワク」するような気分もあるが
その反面気になる事もある。

気になる一つは日本に住む人の事だ。
日本の人口減少を見ていると
これは弥生時代の人が海外との交流により縄文時代の人に
変化しように
今日の日本の人が次の新しい人に進化し始めて
いるよう感じる。
旧来の日本人の減少は海外の人たちをを受け入れる余地が生まれ
そこに遺伝子の交流が盛んになると思われる。

数十年か、数百年かの後には遺伝子が安定して新しい日本人がこの地に誕生して
繁栄し「命」を保持し繋ぐようになるような気がする。

私の遺伝子が多くの危機を乗り越えて
新しい日本人の命の一部に残ってくれるかは未知数だが
今日の私の「命」が
命を培い、繋ぐ役目の一旦を担えたことに深い敬意と感謝を
「命」の根源にささげたい。

「命」の根源は、宇宙か地球かはまだ確定はしていないようなのだが…。


今年一年間訪問していただいた皆様に感謝致しております。
高齢な私にとってはとても励みになりました。
「ありがとうございました。」

来年も「ミトコンドリア」のご機嫌を取ってエネルギーを供給してもらい
できる限り更新したいと思っておりますので
よろしくお願い致します。

くる年が皆様方にとって
益々豊かで、幸せな年になますよう
丹波の地から祈っております。
  1. 2019/12/28(土) 13:54:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

他のブースの様子

12月5日(木) 曇り

昨日の「おとなりスタッフと遊ぼう」の
他のブースの様子のアップが「ミトコンドリア」の都合で
今日になった。
折りたためば小さくなる折り紙ブース
DSC_0945 (003)
折りたたむと折り紙の4分の一の広さになる

竹とんぼブース
DSC_0946 (4)
切り出しナイフで竹と格闘

独楽つくりブース
DSC_0947 (003)  DSC_0948 (003)

折り紙ブースでは箱などを折り
それぞれのブースで
子ども達と親御さんたちで楽し層に製作される姿が見られた。。


雑感

将棋や囲碁・チェスなどのゲームの名人がAIと勝負して
勝ったとか、負けたとかのニュースが流れてくる事がある。

今日のAIは自ら学び
そそれぞれの名人を打ち負かすように
なって来ていて
なんか人間が劣っているようなニュースの流し方を感じるのは私だけかな?

AIが人間に勝つのは当然であろうと思う。
日々進化しているのがAIの現状なのだから。
日本では「京」に代わって「富嶽」が
準備されその一部が設置されたが
この計算能力に人間は太刀打ちできない。

AIに将棋や囲碁・チェスなどのゲームに
人間が負けたとしても
それは人間の能力が劣っているのではなく
AIの能力がアップしただけの事でだと思う。

人間がいくら速く走っても今日の自動車には敵わないから
人間が劣っているとは言えないのと同じだといえる。

将棋や囲碁・チェス・PCのゲームといった
ゲームでAIに負けたからと言って
名人の価値が落ちるわけではない。

ゲームもスポーツも機械と争っても意味がない。
人間同士がその持てる能力で競い合ってこそ
やって楽しく、見て楽しめるのだと言える。
  1. 2019/12/05(木) 18:26:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今日はこの2件

12月4日(水) 曇り

今日までの事をまとめて

11月29日(金)の事

この日は兵庫のサンTVが午後の4時過ぎから
神戸紙飛行機を飛ばす会の実況放送が有った。
放送終了後の帰宅は暗くなる。
夜の運転はひかえているので諦めていた。
ところがお世話になっている仲間のKさんの車に同乗させてもらうことになり
久ぶりに神戸のしあわせの村に出かけることが出来て
実況放送に参加できた。

11時過ぎに芝生広場につき
DSC_0935 (002)

好きな機種の一つの垂直上昇機530-Sを
DSC_0934 (002)
十分に楽しむことが出来て
幸せな思いがあふれてきた。

時間が来て実況放送の会場は変わったが
ここでは折り紙機も飛ばして楽しめた。
DSC_0936 (002)サンTVのクルーとの打合せの様子
5時前に帰宅の途に就いた。

帰宅後録画を見て家族で「ワイワイ」と楽しんだ。
いい記念になった。
Kさんに感謝。

12月1日(日)の事
11月の下旬は紙飛行機だけでなく
通院や伊丹での会もあり
少々過労気味だったので思案していたが
今年最後の篠山チルドレンズミュージアムの「おとなりスタッフと遊ぼう」に出かけてきた。
DSC_0941 (003)

参加してくれた子ども達や保護者の皆さんに喜んでもらえた。

折ったもらった機
DSC_0942 (004)左のオレンジ色の機はゴムで飛ばす折り紙機

何回も何回も飛ばしてくれて
歓声が会場に響き渡った。
DSC_0944 (4)

芝生の広場では
ゴムで飛ばす機が高く上がり青空を
DSC_0940 (003)
舞う機を周りの人たちも見上げて
目を輝かせてくれた。

疲れ気味で腰痛達も騒ぎかけていたが
輝いた子ども達や保護者の皆さんの姿に接することが出来て
今年ラストの「おとなりスタッフと遊ぼうに参加してよかったとの
思いに包まれて帰宅した。

この2~3日はミトコンドリアが休息を要求してきたので
だらだらと過ごし、今日はこの2件アップだけで
雑感まで「エネルギー」供給してくれないので、お休み。
  1. 2019/12/04(水) 14:51:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

第9回○○っこ!学びフェスタ

11月24日(日) 曇り

昨日は当市と隣接2市を管轄する教育事務所主催の
第9回○○っ子!学びフェスタ」が開催され
そのうちの「おもしろワークショップ」にボランティアとして
仲間のK氏とともに今年も出かけてきた。

担当は「折り紙飛行機」

事務所からも3人のボランティアの支援があり
そのうちの一人は地元の高校の女生徒さん。
もう一人は昨年も助けてもらった方だった。

10時開催だったので9時半過ぎに会場入りして
ボランティアの皆さんに今日主として折ってもらう
遠藤氏の「スマイル」を練習してもらった。

開会時間と同時ぐらいに早々と参加者があり
1時半過ぎまで絶えず参加者があり盛会だった。

助っ人のボランティアさんに教わって
DSC_0915 (002)

DSC_0917 (002)

歓声を上げながら飛ばしてくれた。
そのなかで幼い女の子がみんなに交じって
上手に飛ばしているのが目についた。

身体をそらし、肘より手首が後ろにあり
DSC_0918 (002)
スナップをきかせて
最後は前傾姿勢になり
投げ終わった手は体の後ろにあり
身体のエネルギーを上手に
折り紙飛行機に移行させているのに感心した。。
DSC_0919 (002)

また、
助っ人として来てくれていた女生徒さんに
固定観念を見事に破壊された。

スマイルの羽の折り方だが
通常だとこの次は二つ折りをして
羽を折るのだが
DSC_0920 (002)
彼女は
中心線に沿って写真のように」おった。
DSC_0923 (002)
DSC_0924 (002)
DSC_0925 (002)
この折り方でも羽を折り出すことが出来る。
「目から鱗」だった。
今まで考えもしなかった折り方だった。
偶然なのか、考えたのか、前に何かの機会に身に着けたのか聞き忘れたが
「はっ」とさせられた。

折り紙飛行機の重要なポイントの一つの
両方の高さがそろうように気をつけて折ると
高さを揃えることが出来る。
羽を折るときの一つの方法と言える。
DSC_0928 (002)
下の写真のように高さがずれると飛行能力が落ちるので気を付けたい。
DSC_0930 (002)


この生徒さんに「感謝。感謝。」だ。

雑感

責任の問題で
国に「責任がある。」とか「取る。」とか見聞きすることがらる。

国に「責任が有る。」とか「取る。」というが
それは「誰が」
と問うと具体的に浮かばない。

個人に責任があるときは
ホモサピエンスの一個体となり
その個体を思い浮かべることが出来る。

国に責任がある時は
具体的なホモサピエンスの個体は
思い浮かばないが
国民の一人である自分にもあるのかな?。


国には大きく
民主国
独裁国
に分けられる。
が、
いずれにせよ
現在のホモサピエンスは多くの国を形成している。

「個」は国に所属することによってその
「命」を維持・継承しており
国は「個」によって成り立っている。

時に「国」は「個」の「命」を奪い
時に「個」は「国」を壊す。

ホモサピエンスは他の生命体と違い
なんとも不思議な存在だと思う。

私もその不思議な存在の「個」だと思う。
  1. 2019/11/24(日) 08:31:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

19日の続き

11月22日(金) 曇り

19日の続き

まずはサトイモの収穫
初めての栽培だったがよく育ってくれた。
DSC_0897 (004)
まず一番大きな株からと思い
葉の茎を切った。
綺麗な切り口を見せてくれた。
DSC_0899 (002)
びっしりと子芋達がついて重くて
子芋はがしに一苦労した。
DSC_0900 (002)
最後に一番小さな株を掘った。
手ごろないい形の芋がついていた。
これもありかと収穫を終了した。
DSC_0903 (002)

六株で結構多くの収穫だった。

手頃な大きさのを試食用に満ちかえった。
DSC_0905 (002)
持ち帰った数個をゆでて塩やしょうゆで味わうと
もちもちしていて結構おいしかった。

この味なら自信をもって知り合いに
おすそ分けができそうだ

水仙だが
菜園の土手の水仙が混んできていたの
整理してたのが百球近くあったのでそれを
別の土手に飢えつけた。
DSC_0906 (002)
芋が小粒なのが多いので
花はあまり期待できないが
楽しみに開花を待とう。

お昼には時間があったので
ニンジン達の間引きをした。
ニンジン達だけではないが
混んで発芽したところは生存競争が
激しいのかまばらなところと比べると
よく育つ。
ならば今後の「育ち」はと思い一筋だけ
間引きをしないでそのままににしておくことにした。
DSC_0913 (002)
生存競争の勝者が大きくそだつと予想しておこう。


雑感

ホモサピエンスを取り巻く環境の変化の
加速度が日々増している。

自分が生まれたころと比べると
驚異に値する。

子どものころには身の回りに車は
町に2台くらいしかなかった。
電話も学校や村役場ぐらい。
お風呂もない家があった。
家の明かりは少なく生家では
風呂は石油ランプだった。
今や子どものころに考えもしなかった
日々を過ごしている。

子どものころに想像もできなかったテクノロジーが身の回りにあふれ
環境が激変してる。

現代の生活がずっと昔からだったような
錯覚の中で生活をしている。

精神的にも今の価値観が普通と思っているが
子どものころの価値観とどう変化しているのかは
物の変化ほどには自覚できてないようだ。
若いホモサピエンスの行動を見ていると
その行動の価値観は変化してきていると感じる。


昨日と今日と環境はどう変化したか感じることはできないが
振り返るとその変化に気づく。

ホモサピエンスはどのくらいの時間経過で
自分の環境が変化したと感じるのだろう。

ホモサピエンスが数十万年間かけて
その環境に適応できるようなってきたが
今日の環境の変化のスピードに
多くの人たちが取り残せれる事はないのかな?

もうすでに取り残された一人が自分なのかも…。
  1. 2019/11/22(金) 11:05:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
前のページ 次のページ

プロフィール

丹波のじいさん

Author:丹波のじいさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (883)

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR