FC2ブログ

丹波の空に紙飛行機

80歳を期に紙飛行機を中心だったがゼンタングルにも取り組むことにしました。しかし、だんだん運動神経や体が自分の意志に抵抗するようになりました。今日までの活動を引退することが余儀なくなりアップすることが少なくなるので、今日から(H29・10・15)脳の活性化のために気の趣くままに書くとにしました。今日までを感謝しつつ今後も宜しくお願い致します。

「スマートⅡ」

3月29日(金) 晴れ

先日の勝手に名付けた折り紙機
「スマート」を変身させて
「スマートⅡ」を折った。

翼の中央で上に折り
その幅の半分の所を下に折り下げてみた。
DSC_0083.jpg
折り下げる角度によって飛び方が変わる。

翼端の折り下げ角度を左右違えたり同じにすることで
右曲がり、左曲がり、真っ直ぐと
わりと簡単に飛び方を変えることが出来る。

又、用紙をA4・B5・A5で
試してもいいので
一番いい飛行をする用紙サイズと翼端の折り下げ角度を試して
お気に入りの飛行を見つけるのには
いい機ではないかと思う。
DSC_0081.jpgA4とB5用紙で折った機


雑感

ゲノム編集で人間の臓器をもった動物の実験が
解禁になった事について前に述べた。

それ以来気になっていたことがある。
ゲノム編集で人間の臓器をもった人間以外の動物を
作りだす事が出来るようになれば
病気で苦しむ人には福音になるだろうと思う。
私もその恩恵を受ける一人になる可能性が生まれる。
「いいなぁ~」と思う。

しかし、人間の子宮をもった動物が人間の手で
生み出されたらどうなるのだろう?
人間の赤ちゃんを身ごもることが出来る動物が……

そうなると近い時代に計画的に人間を作り出す時代が
くるのかな?

もうSFの世界だなぁ~

理解困難だっ。


スポンサーサイト



  1. 2019/03/29(金) 16:06:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「スマート」

3月25日(月) 晴れ

菜園の土手のヒヤシンスが
今年も良い花を見せてくれた。
DSC_0072.jpg   DSC_0074.jpg
  

サクランボが実る木も満開になった。
DSC_0077.jpg     

毎年サクランボは小鳥たちのご馳走になってしまっているが
今年は防鳥網を張って、なんとかおすそ分けをしてもらおうと思っている。

ここ2日ほどかけて先日の折り紙飛行機の
折り図をかいた。
既にこのような折り方の機はあると思うが
機名が解らないのでとりあえず
「スマート」
と名づけることにした。
スマート画面をクリック(個人使用のみ可)

用紙はB5がいいように思う。

この機は時に羽根が下向きにそる傾向があり
急降下する事がある。
この時は、
時々他の機でこの折り方(写真)で羽根の下向きのそりを調整するのだが
このようにすると下向きのそりが矯正され飛ぶようにになる。
(この写真は別の機)
IMG_1106.jpgカーブを付けるように押さえる   IMG_1107.jpg

又、紙の表裏を反対に折ってみると
そらないようになることもある。
(この方法も良く飛ぶようにするためには有効な手段になる。)

良く飛ぶようにと調整の工夫するにはいい機会かも?

雑感

前にもふれたが
最近ゲノム編集の食品についての話題がよく出ている。

その中で鯛のゲノムを編集して、より身の多くつく鯛を
作る事は食糧問題に有意義だとの趣旨の話題が有った。

「鯛を作る」「食糧問題」の言葉に
なんとなく違和感があった。
鯛は生き物であり、「命」がある。

ゲノム編集の話題には
なんか「命」の面が抜けていて
人間の立場だけでのように感じた。

自然の変化はどうしようもないが
「人間が生き物の変化に手を染めるのはどうなのかな?」
との思いがわいてきた。

しかし、考えて見ると
栽培植物や家畜と言われる動物達は
何万年も昔からの品種改良の積み重ねで今の結果が有る。
これは考え方によってはゲノム編集を自然の力を借りて
人間がやってきたことだと思えばいまさら思い悩む事もないのかな?
とも思う。

人間の持つ好奇心はどのような規制をかけようと
その規制をすり抜けてしまう。
テクノロジーの進化は止めようがないのではと思う。

これでいいのかなぁ~。
  1. 2019/03/25(月) 15:00:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大失敗

3月22日(金) 曇り

昨日は4月下旬の温かさだった。
収穫させてもらっていた大根達のうち
食べきれない6本を又干し大根にした。
今回は針金ハンガーにつるした。
DSC_0061.jpg  DSC_0063.jpg
外で干すのがいいが相変わらず
もの凄い花粉の飛来が有るようなので
室内にした。

大失敗
ブログの写真だが
フォルダーがこれ以上
ダメと出たので前のを消せばと済むと思い
10枚近く消去してしまった。

気がつくとブログ上の写真が消えていた。
あわてた。慌てた。
いろいろ復帰に向けて試行したが出来ずにあせった。

最後に写真の名前を変更して再登録したら成功した。
やれやれ。

疲れた。


雑感

「命」を繋ぐために雌雄がなぜ生まれたのか不思議に思う。

単細胞のように細胞分裂していけば
いいものを性を分けて
それぞれを成長・成熟させて後に
次世代を受け継ぐ「命」を
分けた性が関わって生み出す営みをするのだろう。

シャレド・ダイヤモンド博士の本を読んだ。
DSC_0065.jpg

特に動物(人間も含む)を中心に鳥類・昆虫・魚類にも触れながら
広い視野に立って「命」の伝承について述べられていた。
自分の「命」の奥行きを感じさせてもらった。

それぞれの「命」(遺伝子)を繋ぐための
巧みな仕組みに感心した。

単細胞で細胞分裂での「命」の伝承では自然の環境に
適合できなくなれば終わりだが
性を二つに分け多様な種を生みだした方が
自然環境に適合できて「命」を繋ぐ事の確実性が増すからかと思った。

数多くの種が
それぞれに応じた「命の伝承する営み」は今後どのように変化するのかな?。
  1. 2019/03/22(金) 15:15:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今日より若い時はない

3月19日(火) 雨のち曇り

昨日は好天気だったので菜園に出かけた。

菜園の日陰で「自然を楽しむ会A教室」で数年前に
作ったほだ木にシイタケ達が出ていた。
収穫が遅かったようだが大きく育っていた。

DSC_0046.jpg   DSC_0047.jpg

干し大根も出来あがったようなので収納した。

DSC_0050.jpg   DSC_0056.jpg

最後の大根達とニンジン達とを収穫

DSC_0052.jpg

白菜達は今年は出来が悪くひと株の収穫で終了した。

これから春からの野菜達の為に畝を整備しなければならないが
腰痛達との駆け引きが大変で心配だ。

昨日の午後脳PCから
「趣の違う機を折って見ては。」
はと言ってきたので
横長の機を折ってみた。
重心の位置を考えて折ってみた。
結果完成したのがこの機で
飛ばしてみるときもちよく飛んでくれた。
DSC_0059.jpgDSC_0060.jpg
機首は前回アップした機と同じ折り方をした。

最初の重りになる位置が面倒だが
後の折り方はわりと容易なので子ども達と楽しんでみたい。


雑感

近年のテクノロジーの進化はもの凄いスピードで進んでいる。
2月になってスマホデビューしたが使いこなすのに
販売店に説明を聞き行くが
カタカナ文字が多くて四苦八苦だ。

便利な機能もある。
音声入力が出来るので助かっている。
それが持ち運びが簡単に出来るのも便利だ。

これらのテクノロジーの進歩はホモサピエンスが文字をもち
記録に残すことができるようになったからだ。

その記録を基に現代のテクノロジーの進歩がある。

ささやかながら私の折り紙飛行機にしても、
過去の先人達の折り方が記録として
残っているからだ。

今回の機首の折り方でも
戸田氏の機首の折り方と
伝統的な折り紙のやっこさんの袖の折り方との組み合わせ
になっている。

現代のテクノロジーの進化は
自分と深くかかわっているんだ。
と再確認。

「80歳過ぎて」

思うが今日より若い時はないと思う事にした。
  1. 2019/03/19(火) 20:11:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

前回のつづき

3月16日(土) 晴れ

前回のつづきだが
今日までの間
手元が暇だとついつい折り紙機を
折って飛ばしてしまった。
IMG_1108.jpg

一つの形に捉われると
なかなか離れられずに同じような形の機になってしまた。



本題に返って
今回はギネス機の機首を変化させて
機首が閉じた形の機を折ってみた。
ギネス機1
ギネス機2

飛び方を見て少し少し調整が必要だがうまく飛んでくれた。

また、羽根の広い形の機も折ってみた。
ギネス羽根広1
ギネス羽根広2


この形でも安定して飛ぶように感じた。
狭い部屋でのテスト飛行なので確信はもてないが
結構飛ぶように思われる。
ただ羽根が下向きに反り返りやすいので調整する必要がある。

チルミユに出かけた時にでもテストしてみよう。

雑感はおやす。
  1. 2019/03/16(土) 13:57:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

へそ飛行機やギネス型機を

3月8日(金) 晴れ

いつものごとく「テレビの守」をして
手元が暇なので折り紙飛行機を折っていると
脳PCから
「少し変身させては。」
と提案してきたので
へそ飛行機やギネス型機を変身させてみた。
094


まずは「へそ飛行機」で
戸田氏のへそ飛行機の羽根の折り方と
スカイキングの機首の折り方を変化させた折り方で
折ってみた。
1100.jpg1101.jpg


飛ばしてみると直進性能もよさそうで、いい感じで飛んだ。
これなら子ども達と大いに楽しめそうな気がした。

羽根を折る位置をかえても折ってみた。

1097.jpg


この機はよく面積が広くなったので羽根を水平に開き
翼端を上に折りあげるとうきあがり失速するので
翼端を下に折り上反角を多くすると
それなりに飛ぶ。

どちらもへそ飛行機の変わり種としていいように思う。

まだまだ羽根の折る位置を変えると楽しめそうに思う。

今日はここまでで続きは後日

雑感

テレビで動物に人間の臓器の遺伝子を組み込み
動物の体内で人間の臓器を作る実験を認可するニュースが
流れていた。

テクノロジーもそこまで来たかと思った。

ホモサピエンス・サピエンスの病気の臓器を
他の動物の体内に作りだした臓器と取り換えて
人間の寿命を延ばし、繋ぐことは
あらゆる生命体の持つ「命」が求めている事なのかなぁ~?

地球上に「命」が生まれ数えきれないほどの形で
「命」が今日まで繋がれてきたのは
ホモサピエンス・サピエンスが命を繋ぐために他の「命」の中に
ホモサピエンス・サピエンスの命を保持するための物を作り
利用することを許す為だったのかなぁ~

「命」は他の命をもらって生きている。
だからこれもありかと思うが
少し違うような気もする。
  1. 2019/03/08(金) 18:14:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

菜園に

3月5日(火) 晴れ

春のような陽気なので
菜園に出かけた。

菜園への道に春が来ていた。
0035.jpg

黄色と青紫がいいコントラストで咲いていた。

菜園では
ニンジン達を収穫させてもらった。
DSC_0029.jpg
温かくなって来たので
花の準備をするのでほとんどを収穫。
かじってみるとまだ甘みが有った。

ブロッコリー達はわき芽が育っていたので収穫
0033.jpg
やわらかくて結構おいしい。

前に準備した干し大根も順調に出来あがりつつあった。
0031.jpg

あと数日で完成だ。


雑感

ホモサピエンスが地球上のいたるところに
住みついたのは
山を見て

「あの山の向こうはどうなっているのだろう。
何時か山を越えて行ってみたい」
と思う好奇心が子どものころから有った。

この気持ちが
「地球上のいたるところに住みついた
要因なんだなぁ~」
と自覚した。
と言うのは少々オーバーかな?
  1. 2019/03/05(火) 16:20:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年初めての

3月4日(月) 雨

冬の為に休館していた
「篠山チルドレンズミュージアム」が3月から開館し
今年初めての「おとなりスタッフと遊ぼう」に出かけてきた。
DSC_0015.jpg

今回はスタッフが3人で3ブースとなった。

プレゼントするために
土曜日に折り図を用意した。
DSC_0025.jpg

ブースを訪れてくれた皆さん達は
熱心に折って楽しんでもらえた。
DSC_0019.jpg手前の独楽は独楽コーナーでつくってきたもの。

兄弟仲良く飛ばしっこ
DSC_0016.jpg

こま作りコーナーと
DSC_0021.jpg独楽に色付け中

折り紙コーナー
DSC_0023.jpg六角箱作りに挑戦中

今回は自由に飛ばしてもらうコーナーを作り楽しんでもらった。
DSC_0026.jpg
紙コプターはプレゼントして喜んでもらった。

今回はコーナーがいつもより少なく
3月3日でひな祭りだったので
参加費なしで利用してもらった。

少ないブースだったが皆さんから
[笑顔」のプレゼントをもらい
今年の幸先のいい出発になった。


雑感

ホモサピエンスは他の生き物より好奇心が強いようだ。

その一つは
現代のテクノロジーを生みだし
もう一つは
地球広範囲にホモサピエンスが住みついた。

他の生命体とホモサピエンスとの大きな差異は
そこにあるように感じるが……?
  1. 2019/03/04(月) 13:26:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

丹波のじいさん

Author:丹波のじいさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (889)

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR