FC2ブログ

丹波の空に紙飛行機

80歳を期に紙飛行機を中心だったがゼンタングルにも取り組むことにしました。しかし、だんだん運動神経や体が自分の意志に抵抗するようになりました。今日までの活動を引退することが余儀なくなりアップすることが少なくなるので、今日から(H29・10・15)脳の活性化のために気の趣くままに書くとにしました。今日までを感謝しつつ今後も宜しくお願い致します。

2日連続のボランティア

11月25日(日) 晴れ

痛みと折り合いを付けながら
2日連続のボランティア活動をした

23日(金)の勤労感謝の日は
小学生対象の県の教育委員会丹有教育事務所主催の
「第8回丹波学びスト」のイベントがあり
その中のワークショップで折り紙飛行機を担当してきた。
IMG_0900.jpg   IMG_0901.jpg

仲間のKさんに助っ人を依頼し
その他高校生1名と主催者の方から2名の参加を得て
5名でスタッフを務めた。

今回は自由に折ってもらうコーナーを作った。
前日に折り図をラミネートしたのと
その折り図にある機を置いて用意した。
IMG_0902.jpgこのコナーも好評で常に満席状態だった。

昨年も担当してきたが今年は昨年にも増して
多くの子ども達とその保護者の方の参加があった。
IMG_0904.jpg   IMG_0903.jpg

10時開催でフル回転で
昼食を食べながらも対応し
5人のスタッフでも不足ぐらいだった。

疲れてめまいが置きそうだったが、
子ども達の笑顔や保護者の方と共に飛ばして
微笑みあう姿からエネルギーをもらって13時30分までの
責任を果たせた。
帰宅後いい疲れでダウン。


昨日は
午前中「自然を楽しむ会A教室」のお手伝い。
制作したのは操り人形で「うさぎのもちつき」だった。
担当はNさん。
まず、作り方の説明を聞いて
IMG_0905.jpg
制作開始
切り取って組み立てて
IMG_0906.jpg

IMG_0907.jpg

色付けをして完成
IMG_0912.jpg

子ども達は熱心に制作し困った時に手助けをした。

出来あがった作品の一部
IMG_0913.jpg   IMG_0914.jpg

IMG_0911.jpg
下の輪の部分を引くとウサギが餅を搗く動作をする。

完成するとお互いに見せ合って、動かして
楽しそうに遊んでいた。

連日の活動だったが、いい日だった。


雑感

前回、老化に関してどうしてかと思っていると書いたが
その回答の多くをNHKのダイアモンド博士の「ひとの秘密」シリーズ「第6回不思議いっぱいヒトの寿命」
で回答を得た。(毎回録画して時間の有る時に再生している)
その根本にあるのはエネルギーの消費にあるようだった。
だが、その仕組みその物を
誰が作りだしたのかは疑問として残った。

宇宙そのものもは
気の遠くなるような時間の経過のをへて
消滅すると言われている。

[宇宙」
それはダイアモンド博士の考えを基にすると
現在は成長期にあり拡大しているようだがやがてその拡大の
もとになるエネルギーを使い果たすとその終焉を迎える宿命ではないかと考えた。

その宇宙が生み出した「命」も
その宿命を負っていて、
自然の流れに沿ていて、
それぞれのエネルギーの
持ち分によって個の終焉を迎えるようだと納得しようと思う。
(まだ疑問が残っているように思うが。)
スポンサーサイト



  1. 2018/11/25(日) 07:27:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

折り図の改定

11月19日(月) 曇り

土曜日に
痛み達のすきを見て
気になっていた菜園の残っていた草達に
草刈り機で退場してもらった。
IMG_0894.jpg手で引くより荒いが簡単に退場してくれた。(片付けは後日に。)

ついでに
菜園からサラダ蕪達の一部を
収穫させてもらった。
IMG_0895.jpg葉は虫達に食されていたが無農薬有機栽培の証拠
洗ってスライスしてマヨネーズで美味しく頂き
残りは今回初めて自分で浅漬けにした。
IMG_0896.jpg今までは連れ合いにお世話になっていた。
家族に共すると季節の味だと好評だった。

昨日は、
「T・S ロマンH1」の折り図の改訂をした。
IMG_0899.jpg
改訂した折り図
T・S ロマンHⅠ T・S ロマンHⅠ図をクリック(個人使用のみ可)


雑感

初めに前回の雑感で生命の種が爆発的に増えた時期を
間違えて白亜紀と書いたが正しくはカンブリア紀だった。
高齢のセイにしたいがそれは許されないかな?

脳の老化だけでなく体全体の老化はどうして起きるのかな?。
悲しむべきか。自然の法則として受け取るべきなのか?。
人間以外の種は老化をどううけとっているのかな?。
今回は弁解がましいのでこれで終了。



  1. 2018/11/19(月) 13:45:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「T・S ロマンH1」

11月14日(水) 曇り

菜園の手入れが出来ずにいたが
土~日それに今日にかけて
草達に退場願った。
IMG_0850.jpg良く茂って元気いっぱいの草達

腰痛達のご機嫌を伺いつつの作業なので
このひと畝に終わった。
IMG_0886.jpg
畝はまだ二畝あり大根達や
他の野菜達の畝にもしっかりと
草達が元気に活動しているので
痛み達とお天気と相談しながら
ぼちぼち退場してもらおう。

日曜日に菜園そばの電柱にトンビが止まったいた。
IMG_0878.jpg(と~べ、と~べ、トンービー、そーらたぁ~かぁーく~…)
子どもの頃に空高く飛ぶトンビを見上げた事や「トンビの歌」を懐かしく思い出した。

昨夜机を整理していると
「T・S ロマンH1」の折り図が出てきた。
この機の事はすっかり忘れていた。
懐かしくなって折ってみた。
折ってみて自分ながらよくこんな折の機が出来たなと思った。
図を見ても折り方にまよった。
折り図の改善が必要のようだ。
「T・S ロマンH1」
IMG_0889.jpg IMG_0890.jpg

IMG_0888.jpg IMG_0893.jpg
この機はどちらの面でも飛ぶ。


雑感

「命」の営みは、環境に応じて「命」を保ち繋ぐために
種を増やし変化してきたと思っているが…。
今わかっている段階で白亜紀に爆発的に種を増やし多様化したとされている。
「命」は意図的に種を多くしたのかな?と思う。
また、特に動物は進化してホモサピエンスを生み出した。
どんな意図をもって生み出したのだろう?

多様化で「命」を繋ぐ事が目的かな?
と考えたが進化はそれだけでないように思えてきた。

特にホモサピエンスは進化して現代人を作り上げ上げ
その現代人が他の種ではなしえない
遺伝子組み換えをして新しい種を生みだしている。
「命」は新しい種を生み出す種を
目的として進化いたのかな?

現代人は宇宙に飛びだす技術を確立しつつある。
無人の宇宙船ははるかな宇宙を飛行しはじめている。
「命」は宇宙に「命」を広めるためにホモサピエンスを作り
進化させてきたのかな?

私の「T・S ロマンH1」は宇宙と繋がっているといいなぁ~。
  1. 2018/11/14(水) 14:15:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

玉ねぎの苗

11月7日(水) 晴れ

注文したのをしっかり忘れていたのだが
行きつけの種苗店から電話があり玉ねぎの苗達が届いたと電話があった。

その苗を昨日しっかり生え育った草達に
退場してもらってその後に移住してもらった。

神経痛達は自己主張してくるので
畝にへたりこんで
植え付ける部分だけで精いっぱいだった。

IMG_0871.jpg
移住してもらうのは
ふつうの玉ねぎが100本
赤玉の玉ねぎ50本

赤玉達の移住地
ビフォー
IMG_0872.jpg
アフター
IMG_0873.jpg

ふつう玉達の移住地
ビフォー
IMG_0874.jpg
アフター
IMG_0875.jpg

他の畝の草達に退場してほしいが
神経痛達が黙っていないので見逃した。

草達に負けないで育ってくれるかな?。


雑感

化石として発掘されている種は
遠い昔に数十万年もいきながら絶滅している。

現代においても身近に生きていた種が絶滅している。
近い内に絶滅する種もあると言われている。

絶滅する種があれば新しく生まれる種もあるという。

今この時にどんな種が生まれているのだろう。

我々の知らない所でホモサピエンスに代わって
地球で栄えて種の頂点に立つ種が昨日か今日か明日にか
生まれていると考えると不思議な気分になる。

地球上の限られた資源をもとに
エネルギーを消費するホモサピエンスの行いが災いして
地球の「命」を育む環境を破壊して
「命」が存在しない地球になるのかな?。

それとも地球が滅びるまで「命」は繋がれるのかな?。
  1. 2018/11/07(水) 17:12:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

草達や虫達が

11月5日(月) 晴れ

相変わらず坐骨神経痛達が自己主張をしていて
気力を奪ってくる。

菜園の事は気になっているが
野菜達を植え付けてから出かけられなかった。

一昨日少し痛み達がややおとなしくしてくれたので
出かけてみた。

予想通り草達や虫達が
伸び伸びと活動していた。
立派に育っている草達。
IMG_0850.jpg
虫達のレストランに
IMG_0851.jpg特に美味しかったのかレストランとして繁盛した白菜

大根達は
虫達が白菜の方が美味しかったので
そちらに出かけたようであまり食されていなかった。

間引きしなかったので遅まきながら
間引きしてその一部を浅漬けにしてもらおうと持ち帰った。
IMG_0852.jpg
一部を油いためしゴマあえにしてくれて美味しくいだいた。


昨日は
痛み達が少し大人しくしてくれたので「チルミユ}に出かけた。

IMG_0853.jpg   IMG_0854.jpg(入口の案内板)

今回はゴムで飛ばす「T・S 翔」と
IMG_0855.jpg

磁石のおもちゃにした。
IMG_0857.jpg立てると磁石がくるくると回りながらゆっくり落ちる。
[広告] VPS

とりあえず「くるくる磁石」と命名した。
結構楽しんでもらえた。

ゴムで飛ばす「T・S 翔」も好評で
飛行機を見上げながら
「わぁ~」
と追いかけてくれた。
親御さんが子どもの紙飛行機を打ちあげて
楽しまれる姿も見られた。

姉弟で仲良く飛ばし合う姿も…。
チルミユ11・4日お母さんも笑顔で。


雑感

近代人で死後の世界を考える人は多いと思う。
それは宗教と深く結びついているように思う。
「生前の生き方が死後の世界に大きく作用する」
との考えは現代人に大きく影響しているように感じる。

死後の世界を考えるのは
それは死の恐れから解放される事や
「命」を維持するための苦しみから解放される事を願っているからか。

人間が「命」を繋ぐためには
他の「有機体(命)を糧としてしか生きられない。
この事を自覚した時から生きるための「苦」を感じ「死」を感じるようなったのだろうか?
だとすると、
ホモサピエンスは何時の年代に「自己の命」を自覚したのかな?。
ホモサピエンス以外の生き物は[自己の命」を感じて生きているのかな?
  1. 2018/11/05(月) 13:01:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

丹波のじいさん

Author:丹波のじいさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (889)

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR