FC2ブログ

丹波の空に紙飛行機

80歳を期に紙飛行機を中心だったがゼンタングルにも取り組むことにしました。しかし、だんだん運動神経や体が自分の意志に抵抗するようになりました。今日までの活動を引退することが余儀なくなりアップすることが少なくなるので、今日から(H29・10・15)脳の活性化のために気の趣くままに書くとにしました。今日までを感謝しつつ今後も宜しくお願い致します。

花達に励まされて

3月31日(土) 晴れ

午前中菜園に出かけて夏野菜達のために
畑を耕しに出かけた。
菜園の周りの水仙が満開。それに、
IMG_0258.jpg   IMG_0259.jpg

二本ある山桜のうち1本がいい感じに開花していた。
IMG_0263.jpg
例年より早い開花だ。

花達に励まされて菜園の手入れ。

残っていた草たちを整理して
堆肥を施しスコップで掘り返す。
そこに米ぬかと油粕を混ぜたものを撒き
表面をきれいにして草木灰を撒いて完成。
IMG_0260.jpg

12時前になったので今日は終了。
半日でひと畝。
あと、3畝あるので3日かかるなあ~。

午後は
明日は冬季休んでいたチルミユの「おとなりスタッフと遊ぼう」の
再開日なのでその準備。
プレゼント用の
「紙コプター」と
IMG_0265.jpg
折り図を用意。  
 IMG_0267.jpg

明日も天気がよさそうなので
子ども達が楽しんでくれるかな?

雑感

テレビで
密林の中に分け入って
まる耳象の新鮮な「うんこ」を
採取するようすを放映していた。
目的は野生の象のうんこの中に
いる生きた菌(空気に触れると死滅するそうだ)
を得るためだった。

そこから人間に役立つ菌を見けるのが
目的だとの事。

その折「コアラ」は有毒なユーカリの葉を
食べて生きているのは
腸内に解毒菌がいるからだと言っていた。

人間もはやりの腸内フローラーのおかげで生きている事が
よく情報として流れている。

「ミトコンドリア」や「腸内フローラ」や「口内フローラ」と
共生する事によって(時には害も及ぼすが)
命を保っている。

自分の命は自分のものだけでなく
体内の数百兆の命と共にあり
運命共同体なのかな?
スポンサーサイト



  1. 2018/03/31(土) 16:20:53|
  2. 未分類
  3. | コメント:1

久しぶりに折り紙飛行機を

3月29日(木) 晴れ

ここ数日好天気で菜園の手入れをした。
腰痛達は油断をするといたずらをするし
あちこちに派遣社員よろしく太ももやひざ
に痛み社員を派遣するので用心しながらだった。

昨秋に玉ねぎ達の植え付け出来なかったので
残念に思っていた。
先日行きつけの種苗店に売り出してあったので
畝を耕してなかったがとにかく100本植えて付けた。
IMG_0250.jpg
育ってくれるか楽しみだ。

続いて
玉ねぎの残りの部分を
急遽耕してレタス達を植え付けた。
IMG_0252.jpg

夏野菜達のために
腰痛達と「ミトコンドリア」達の様子をみながら
残りの畝を耕そう。

昨日はA児童館の依頼で
折り紙飛行機教室に出かけた。
参加した子ども達と久しぶりに折り紙飛行機を
楽しむ事が出来た。

「T・S BOOK」と「ギネス型機」
を折った。
「T・S BOOK」を飛ばしている時に
翼端を折って飛ばしている子がいた。

IMG_0254.jpg
おおいに賞賛して参加している子ども達に
紹介した。
それぞれに子ども達は工夫してくれた。
子ども達の創造性にはいつも感心させらる。

次いで「ギネス型機」を折った。
IMG_0256.jpg   IMG_0255.jpg
飛ばしていると
一人の子どもさんが
「外で飛ばさないとよく飛ぶので危ない。」
と言ってきた。
外の広場で飛ばそうと思っていたので
この子どさんの提案という事で外の広場で飛ばした。
IMG_0257.jpg
元気いっぱいで広場を駆け回っていた。
終わりに「紙コプター」をプレゼントした。
飛ばすと
かぜによく乗り中には
近くの屋根の上に落ちたり
広場を飛び越して道を隔てた家の屋根まで飛んだりして
子どもたはびっくりしていいた。

春休みのいい思い出なればと思いつつ帰宅した。

雑感

1月から始まったNHKスペシャル「人体」(7回シリーズ) 神秘の巨大ネットワーク
を見て、
残念ながら第6回は見逃したが
その内容にとても惹かれた。

人間の命を支えているのは脳がその役目を
果たしていると思っていた。

しかし、人間の各臓器がネットワークを持ち
そのネットワークを通じて
脳とは関係なく連絡しあって命を保つために
活動している事を学んだ。

人間の命は何とも複雑で巧妙な仕組みによって
命を保持し繋いでいる。

このシリーズを通して
人体の中に
[小宇宙が有るのかも]
と思った。
  1. 2018/03/29(木) 11:08:31|
  2. 未分類
  3. | コメント:1

脳PCから

2月15日(木) 晴れ

脳PCから「更新しようか。」言ってきたので
それに従った。。

ゼンタングルは
お手本の模写をしようと取り組んだが
集中力が続かず途中で挫折
IMG_0247.jpg
いつか集中力との折り合いがつけば
完成させよう。

その後、
なんとなく指が動いて
描いたのがこの図
IMG_0248.jpg
心が揺れていてその乱れがよく出ている図になった。
とにかく描く事が大切だと自分に言い聞かせて納得した。

ここ数日好天気なので
菜園で喜びいっぱいに成長し出した
草たちに退場してもらおうと午前中だけだが出かけてきた。
ブログ用1
土が見えないくらいよく成長した草たちに退場願った。
ブログ用2

手前の緑はホウレンソウ達で冬は小鳥たちの餌になったいたが
成長してきたのでそのままにした。

ニンジン達は種まきが遅かったので成長しなかったが
捨てるには申し訳ないと思った。
ぶろぐよう3

食してみると
寒い冬に耐えるために糖分を十分に蓄えていて
実においしかった。
こんな甘みの強いニンジンと出合ったのは初めてだった。

小蕪達も
ブログ用4
わずかにできていたので
持ち帰り朝漬けにしてもらう事にした。
冬越しの小蕪の浅漬けはとても美味しいので楽しみだ。

雑感

ニンジン達の甘みや小蕪達のうま味は寒さに耐えるために
糖分やうま味を増やし命を維持させている。
春が来ればその蓄えを生かして花を咲かせ種子を実らせ
命を繋ごうとしている。

その命の塊のような冬超えの野菜達は
人間の命を持続させる物としてより美味しいと感じるのかな?

  1. 2018/03/15(木) 13:35:56|
  2. 未分類
  3. | コメント:1

自分に言い訳

3月1日(木) 曇り一時晴れ

今日までいろいろと自分に言い訳をつくり
更新をさぼっていた。

その間は「テレビの守」が主で
後はなんとなく時間が過ぎた。

時にゼンタングルもやってみた。
描きかけのゼンタングルを完成させた。
IMG_0227.jpg

それにテレビを見ていてビルの画面があり
それをゼンタングルのパターンにしたり
IMG_0228.jpg
思いつくままに描いたりした。
IMG_0231.jpg

IMG_0231.jpg


雑感

「テレビの守」をしている時
アフリカの動物を女性タレントが
現地の動物保護官の案内で
あるキリンの事をリポートしていた。

そのキリンは右目が病気なので保護し治療したが
今はほとんど見えず
群れに迷惑がかかるからと
1頭で生きているとの事だった。
1頭だとライオンに襲われたり、密漁者に襲われる危険が多いと話していた。
保護官はそのキリンの安否を気にしているとも話した。
それを聞いたレポートしていた彼女は涙していた。

その時保護官は密漁者に襲われるのではなく
生きられるだけ生きて、ライオンに襲われる事を
願っていると語った。

キリンは別の命を繋ぐためにその命を
ささげる。
これは、悲しむ事ではなく自然な事と語った。

でも、そのキリンをその場において離れるときは
その保護官もさびしそうだった。

自然な事と寂しさや悲しみをどうとらえればいいのかな?。
  1. 2018/03/01(木) 15:10:46|
  2. 未分類
  3. | コメント:1

プロフィール

丹波のじいさん

Author:丹波のじいさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (868)

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR