FC2ブログ

丹波の空に紙飛行機

80歳を期に紙飛行機を中心だったがゼンタングルにも取り組むことにしました。しかし、だんだん運動神経や体が自分の意志に抵抗するようになりました。今日までの活動を引退することが余儀なくなりアップすることが少なくなるので、今日から(H29・10・15)脳の活性化のために気の趣くままに書くとにしました。今日までを感謝しつつ今後も宜しくお願い致します。

子ども会での

12月9日(日)  曇り 初雪ふる。

昨日は隣接する市のある子ども会での
折り紙飛行機に出かけてきた。

前日までに用意した機を折ってもらった。
初めは遠藤氏の「スマイル」
初めて折り紙飛行機を折る子もいたがなんとか折って
IMG_0940.jpg

楽しく飛ばしてくれた。
IMG_0941.jpg

もうひとつはギネス記録をもつ機
おり線を引いた用紙で折ってもらった。
少し手を焼いたが
IMG_0942.jpg
子ども会の役員さん達の支援でなんとかおりあげる事ができた。
天気の関係で外で、十分飛ばせなかったのが残念だったが
子ども達からは元気オーラーがあふれ出てよかった。

最後にお土産の「紙コプター」をプレゼントした。
喜んで飛ばしてくた。
IMG_0944.jpg

中には紙コプターと折り紙機をを重ねて飛ばす等工夫する子いた。
IMG_0943.jpg見えにくいがギネス機に紙コプターを重ねて飛ばしえいている。

うまく飛んだ時の笑顔は輝く。
子ども達が教えてもらった事をもとにして
その上に自分なりの工夫するのは紙飛行機の良さの一つだと言える。

体調はいまいちだったが子ども達といるときだけは
体調の事は忘れていた。

雑感

「命」・「ひと」について感じている事を書いていくうちに
地球上の「命」の起源は宇宙にある説に遭遇した。
その中でこの本を購入する結果になった。
IMG_0947.jpg

この本や「YOUもMEも宇宙人」の本に接して
地球上の「命」の根源は宇宙かかも?とおもってきた。
この新説は荒唐無稽のようだが、
地動説が説かれ始めは
弾圧を受け信じられなかった事を思うと
否定しきれないと感じた。

ロケットを飛ばして宇宙を解明しようとするのは
宇宙に「命」の根源を探す事が目的の一つになっている。
(むかしの常識が今では否定される事は多々発生している)

この説(宇宙起源説)を否定するとして
その根拠はと問われると学校で習った事が
根拠になる。

とにかく今回この本によって現代人が生きていく上で
消費しているエネルギーは膨大のものなのだと感じた。

現代人の使うエネルギーの視点で世の出来事を見ると
今までとは違う世界が見えてくるので
日々が新発見のように感じ新鮮におもう。

もう少し「命」や「人間」の進化につきあってみようかな?
スポンサーサイト
  1. 2018/12/09(日) 14:36:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「紙コプター」を用意

12月7日(木) 晴れ

明日隣接するT市のK町の公民館での子ども会で
折り紙飛行機の依頼がありその準備を
先日からボチボチはじめた。

まず、
お土産に「紙コプター」を用意した。
折り紙を何時ものように八分の一に切って
IMG_0933.jpg

それを半分に折って
IMG_0934.jpg

斜めに折り
IMG_0935.jpg

組み合わせて完成
IMG_0936.jpg
70機用意した。

それと、折り図をA4用紙に3機種分をまとめて用意した。

体調がいまいち何で少々心配だ。

雑感はエネルギー切れでお休み。




  1. 2018/12/07(金) 16:28:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土曜日の続き

12月4日(火) 曇り

土曜日の続き

午後は「篠山チルドレンズミュージアム」で「おとスタ」
に出かけた。
IMG_0926.jpg

今月も折り紙飛行機と磁石のおもちゃを担当してきた。
IMG_0927.jpg  IMG_0928.jpg磁石にシールを張って

IMG_0932.jpg
良く飛ぶように羽根を調整して良く飛ぶと
親子で楽しんでもらえた。

他のブースでは
折り紙
IMG_0929.jpg

こま作り
IMG_0930.jpg

草木染め
IMG_0931.jpg

紙コップで作るおもちゃ
写真は撮り忘れた。

子ども達はそれぞれのブースで
笑顔の時間を過ごしていた。

12月で少し寒かったので来園者が少なく
「おとスタ」の参加も少なかったがその分
十分に楽しんでもらえた。

午前と午後との活動だったが
子ども達からたっぷりエネルギーをもらえる一日だった。
腰痛達は気に入らなかったようだが…。


雑感

前回身体の仕組みについて意識と無意識とのバランスで
「命」を保ち、繋いでいると考えた。

で、思うに意識のと無意識の境界は皮膚ににあるように思った。
皮膚を境に
皮膚の内は内なる無意識世界で「命」の世界
皮膚の外は外なる意識の世界で「命」に何らかの影響を与える世界

この二つの世界を繋いでバランスを保ち調整しているのが
「脳」と思うのは無理があるかなぁ~?

皮膚を境界として、内なる世界はそれぞれが脳を介さないでネットワーク
で結ばれ有機的に活動し、病気や空腹の時は脳に連絡して
意識に病気や空腹に対応させる。

皮膚を境界として、外なる世界の変化を意識として脳に働きかけて対応させてる。
(気温・音・風景・匂い・味・傷等)

「命」は内なる宇宙と外なる宇宙とのバランスで成り立っているのではないのかな?

「命」と「思考」とはどうなっているのかな?
  1. 2018/12/04(火) 15:14:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

午前・午後とフル活動

12月2日(日) 晴れ

昨日は痛み達と闘いながら午前・午後とフル活動

午前は
市内A小学校の全校親子活動日だった。
今年も「自然を楽しむ会A教室」にも講座の依頼が有った。
担当は4年生で希望者にこま作りだった。
指導はNさんでそのお手伝い。

午後は
チルミユで今年最後の「おとなりスタッフと遊ぼう」に出かけ
折り紙飛行機と磁石のおもちゃを担当してきた。

午前中の様子
9時開会だったが少し遅刻したので
開会式は終わっていた。

こま作りの会場では説明が始まっていた。
説明を聞いて作業開始。

作るのは箸をきった芯に
画用紙の短冊を撒きつけて作るこま。
IMG_0916.jpg

手分けをして色画用紙を短冊に切る。
IMG_0915.jpg

切った短冊の好きな色を集めて
IMG_0919.jpg

繋いで、芯に巻きつける。
各自工夫して巻き付けた。
IMG_0920.jpg  IMG_0921.jpg

中には親子協力して
IMG_0922.jpg

出来あがったこまを楽しみ最後は
6つの班から代表を出して競技会。
IMG_0923.jpg   IMG_0924.jpg

親御さん達も観戦して。大いに盛り上がって終了した。
紙の切り方や繋ぎ方、巻き方で困ったいる子どものお手伝いや
一歳ぐらいのひ孫のような子どもの
お相手もして楽しい時間を過ごす事が出来た。

午後の様子は後日に

雑感

命は形をもっている。
単細胞から脳をもつ多細胞の形をもつ命がある。
人間は、その最高峰と言うべきか、特異な存在と言うべきかまよう所だ。

人間は、その「命」を維持するために
意識しない身体を生かすための仕組み(無意識)と
意識しない部分を補う仕組み(意識)のバランスが
あって自分が生かされているんだなと思う。

「命」は高度に進化する事によって
より効果的に命を保ち繋ないで行く仕組みを
創りあげるのかな?

  1. 2018/12/02(日) 09:14:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2日連続のボランティア

11月25日(日) 晴れ

痛みと折り合いを付けながら
2日連続のボランティア活動をした

23日(金)の勤労感謝の日は
小学生対象の県の教育委員会丹有教育事務所主催の
「第8回丹波学びスト」のイベントがあり
その中のワークショップで折り紙飛行機を担当してきた。
IMG_0900.jpg   IMG_0901.jpg

仲間のKさんに助っ人を依頼し
その他高校生1名と主催者の方から2名の参加を得て
5名でスタッフを務めた。

今回は自由に折ってもらうコーナーを作った。
前日に折り図をラミネートしたのと
その折り図にある機を置いて用意した。
IMG_0902.jpgこのコナーも好評で常に満席状態だった。

昨年も担当してきたが今年は昨年にも増して
多くの子ども達とその保護者の方の参加があった。
IMG_0904.jpg   IMG_0903.jpg

10時開催でフル回転で
昼食を食べながらも対応し
5人のスタッフでも不足ぐらいだった。

疲れてめまいが置きそうだったが、
子ども達の笑顔や保護者の方と共に飛ばして
微笑みあう姿からエネルギーをもらって13時30分までの
責任を果たせた。
帰宅後いい疲れでダウン。


昨日は
午前中「自然を楽しむ会A教室」のお手伝い。
制作したのは操り人形で「うさぎのもちつき」だった。
担当はNさん。
まず、作り方の説明を聞いて
IMG_0905.jpg
制作開始
切り取って組み立てて
IMG_0906.jpg

IMG_0907.jpg

色付けをして完成
IMG_0912.jpg

子ども達は熱心に制作し困った時に手助けをした。

出来あがった作品の一部
IMG_0913.jpg   IMG_0914.jpg

IMG_0911.jpg
下の輪の部分を引くとウサギが餅を搗く動作をする。

完成するとお互いに見せ合って、動かして
楽しそうに遊んでいた。

連日の活動だったが、いい日だった。


雑感

前回、老化に関してどうしてかと思っていると書いたが
その回答の多くをNHKのダイアモンド博士の「ひとの秘密」シリーズ「第6回不思議いっぱいヒトの寿命」
で回答を得た。(毎回録画して時間の有る時に再生している)
その根本にあるのはエネルギーの消費にあるようだった。
だが、その仕組みその物を
誰が作りだしたのかは疑問として残った。

宇宙そのものもは
気の遠くなるような時間の経過のをへて
消滅すると言われている。

[宇宙」
それはダイアモンド博士の考えを基にすると
現在は成長期にあり拡大しているようだがやがてその拡大の
もとになるエネルギーを使い果たすとその終焉を迎える宿命ではないかと考えた。

その宇宙が生み出した「命」も
その宿命を負っていて、
自然の流れに沿ていて、
それぞれのエネルギーの
持ち分によって個の終焉を迎えるようだと納得しようと思う。
(まだ疑問が残っているように思うが。)
  1. 2018/11/25(日) 07:27:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

丹波のじいさん

Author:丹波のじいさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (810)

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR